かっこよくてオススメのイケてる欧州輸入車セダン(参考価格付き)

かっこよくてオススメのイケてる欧州輸入車セダン(参考価格付き)

欧州車はデザインが良いものが多くて憧れますよね〜!

 

国産車もいいですけど、やっぱりデザインではまだまだ欧州車がカッコイイです!

 

そんな、欧州車の中でも特に!かっこいいセダンを超主観でまとめました。

 

1・ポルシェ パナメーラ

ポルシェと言えば、911やボクスター見たいな2ドアタイプやマカン・カイエンのようなSUVタイプは良く見かけますよね。

 

特に、ポルシェと言えば911を思い浮かべる人も多いんじゃなですかね?

 

実は、ポルシェにも4ドアセダンタイプの車があるんです。

 

それが、パナメーラです。

 

デザインはどこからどう見ても完全にポルシェです。
そして、デザインだけでなく走りもしっかりポルシェらしい走りをしてくれますよ。

 

長い歴史のある911で培われた技術が惜しみなくフィードバックされてるので、めっちゃスポーティです。
ぱっと見ただけで分かる只者ではない雰囲気がパナメーラの魅力ですね。

 

こんなにスポーティ感溢れるセダンってほとんど無いです。
ホイールの隙間から覗く、巨大なブレーキローターとキャリパー。

 

これをスポーティと呼ばずに何と呼びましょうか!

 

良い意味でセダンらしくないのがパナメーラの魅力です
走りを楽しむ紳士のスポーティセダンって感じですね。

 

新車価格は1300万〜2400万とちょっとお高いですが、
中古車なら400万ぐらいから買う事も出来ますよ。

 

ポルシェは世界的に見ても壊れ難い車を作るメーカーなので、中古でもさほど心配することは無いですね。
ただ、新車価格からも分かるように修理となると高額になってしまいますね・・・・・

 

アウディ A3セダン

オリンピックぽい輪のエンブレムが特徴的なアウディです。

 

最近のアウディはいいですねぇ。デザインも質感もかなりいい感じですよ。
CMもよく放映されてますが、最近のアウディのデザインはシンプルで良いですね。
いやらしくない輸入車だとおもいます。

 

このA3セダンは実は結構最近出来たモデルで、2014年発売とまだ歴史が浅いです。

 

それまではずっとハッチバックタイプのみだったんですが、ハッチバックのA3は昔からずっと人気だったので待望のセダン化というとこですね。

 

A3自体がコンパクトなハッチバックだったので、セダン化したA3も分類的にはコンパクトセダンになります。

 

最近は大排気量ワイドボディな車より、低排気量コンパクトボディが流行りですからね。
まさに、時代の流れに沿った車です。

 

排気量は1400ccと1800ccが設定されていて、2017年には1800ccが廃止されて2000ccになりました。

 

意外に低排気量でしょ?最近の欧州車はこのくらいの排気量がおおいです。

 

燃費もなかなか良くて15km〜18km/Lぐらいは普通に走ります。
最近の輸入車は燃費も良いんです。

 

ボディサイズは幅1.8mとプリウスが1.75mなのでほぼ同じサイズですね。
輸入車セダンはデカい車種が多くて1.9m越えが多いですが、そこから考えるとA3セダンは10cmぐらい幅が短いのでかなり運転はしやすいです。狭い道路の多い日本でも楽に運転できますよ。

 

価格は新車で310万〜450万、中古だと150万〜400万ぐらいで、
国産車とそう大きく変わらない値段で買いやすいのもA3セダンの良さです。

 

輸入車でかっこいいけどコンパクトで運転しやすいセダンが欲しい!というならイチオシの一台です。

 

フォルクスワーゲン パサートセダン

 

ゴルフとかルポ、最近だとUP!なんかを良く見かけますが

 

フォルクスワーゲンのセダンのパサートってあんまり見かけないですよね。
実は結構いい車なんですよ?パサート。

 

2015年にフルモデルチェンジして8代目になったパサートのコスパはかなり良いです。

 

新車価格が330万〜500万、中古車価格は200万〜400万ぐらいになってます。

 

この値段で欧州メーカーのフラッグシップモデルが買えるというのは、すごい事ですよ。

 

ベンツやBMWのフラッグシップセダンを買おうと思ったら1000万円以上はしますからね(汗)

 

そう考えると、パサートはかなり購入しやすいと思います。

 

価格が安いからって安っぽいという事はまったくないですよ。

 

フォルクスワーゲンの他の車種と比べると明らかに高級なのが分かります。

 

排気量の設定は1400ccと2000ccです。
税金の安い1400とパワフルな2000ccを選べるのもうれしいですね。
ぶっちゃけ1400ccのモデルでも十分すぎるぐらい走ります。

 

さらに、オプションにあるフルデジタルメーターが魅力的です。

 

スピードメーター・タコメーターの間にナビを表示できたりとかなりハイテク感のあるコックピット演出が楽しめます。

 

運転席は、持ち主が一番座るとこでもあるのでかっこいいメーターだと気分も上がりますよね。

 

また、安全性に関する装備も充実していて、クルーズコントロールやレーダー自動ブレーキなども装備されています。
 
最新のフラッグシップセダンに乗りたい!けど安い予算で!

 

というのならパサートはかなりい選択になりますよ。

 

ジャガー XE

昔から超高級車として名高いジャガーです。
 
その中でも割りと手ごろで買いやすいXEを紹介します。

 

まずは、気になる価格ですが新車価格で439万〜800万です。中古だと330万〜750万です。

 

中古なら、国産のミニバンと同じぐらいの価格で買えちゃいます。

 

なんといってもXEの魅力はデザインです。

 

ジャガーにしては安いと言ってもジャガーはジャガー。

 

上品でなんともエロいボディラインと明らかに普通の車とは違う雰囲気が最高ですね。
クーペのような流麗なボディラインがいいんですよね〜。

 

内装もやっぱりいいデザインで高級ホテルみたいな雰囲気でラグジュアリーです。

 

また、ボディのサイズもそこまで大きくないので運転もしやすいです。

 

価格はジャガーにしては手ごろに押さえつつも、質感を全く落としていないのでジャガーの持つ雰囲気を味わってみたい!

 

皆が乗ってないセダンが良い!というならジャガーXEは一考の価値ありです。
ベンツやBMWはみんな乗ってますからね。ジャガーXEはなかなか粋な選択だと思いますよ。

 

.メルセデスベンツ Cクラス

輸入車でセダンと言えば忘れてはいけない、ベンツCクラスですね。

 

昔から金持ち・高級車と言えばベンツ!その中でもCクラスは人気が高いですね。輸入車の中ではわりと良く見かけます。

 

輸入車セダンとしてば定番ですね。

 

2014年にフルモデルチェンジした最近のモデルだと、フロントにデカいベンツのエンブレムとベンツらしいいかにも高級車な外装がいいですね。

 

なんでしょうね。ベンツは見るからに高級だぞ!という雰囲気が溢れてます。
特にこのCクラス以上になると高級感でまくりますね。

 

新車価格は440万〜590万 中古車は170万〜750万です。

 

玉数がめちゃくちゃ多いので安く買おうと思えば中古ならかなり安く買えてしまうんですね。
最近のベンツはかなり壊れ難いですから、昔ほど故障にビビる事も無くってます。

 

「愛車はベンツ」ってなんかいいですよね。あこがれますね。

 

実は手を伸ばせば意外と届くのがCクラスなんです。
クルコンや衝突防止センサーなどの先進的な安全装備もあるので、安全性も抜群です。

 

もちろん、ドイツ車の特徴でもある頑丈なボディは顕在です。

 

新車で買うと高いですけど、中古は安いのでコスパ超良いです。
最近のCクラスは内外装のデザインもいいので、オススメですね。


一括査定の評判 車売るテクニック 車売る知識 車買う知識 車お役立ち情報