マツダRX−8 SE3P前期・後期の買取価格!高く売る方法は?

元買取店員のヤマサキです。
 
最終更新2017年3月
 

マツダ,RX−8,SE3P,前期,後期,買取価格,高く,売る,方法
マツダ,RX−8,SE3P,前期,後期,買取価格,高く,売る,方法

 

ロータリーエンジン最高!

 

マツダが2017年現在最後のロータリー車として2013年迄販売していた

 

RX−8の買取相場を調査しました!

 

RX−8のロータリーエンジンは普通の車とは全く違うエギゾーストとフィーリングは唯一無二の魅力ですね。
モーターのようにドコまでも回る感じはロータリーはホント気持ちいいですよね!

 

ヤマサキは触媒を取ってストレート管にしたエキゾーストがダイスキです!やると警察に捕まりますが(笑)

 

スタイリングも低くてマツダらしい流れるような曲線が美しい!ヤマサキ個人としても大好きな車です!

 

 

実は、このRX−8!カーセンサー調べの中古車人気ランキングでなんと2位!
トヨタハリアーの次に付く快挙です!

 

スポーツカーがこれだけ人気なのもめずらしいですね。
最近のスポーツカープチブームが追い風でしょうか?

 

 そんな感じで、RX−8の中古車相場は後期型はかなり堅調!

 

マツダ,RX−8,SE3P,前期,後期,買取価格,高く,売る,方法

 

結構高値で取引されている様子でした。

 

前期型と後期型の買取相場

 

前期型はイマイチです!結構相場が安くなってます。

 

特に残念ながらこんなRX−8は買取がかなり厳しいです!

 

買取が厳しいRX−8の特徴

 

  • 前期型
  • 限定車じゃない
  • 走行距離7万km以上
  • AT車

 

という条件に当てはまったRX−8の買取は残念ながら結構キビしいです。

 

ただ、前期型全てが厳しいわけではなくて前期型でも

 

  • マツダスピードバージョン
  • ロータリーエンジン40周年記念車

 

の2つの特別仕様限定車は走行距離が多くても高値が期待できそうです。

 

全体的に高値で買取されている後期型ですが、特に高く売れるのはこんな車両です!

 

かなり高く売れる後期型RX−8の特徴

 

  • 後期型
  • タイプRS又はスピリットR
  • 低走行
  • MT車

 

この条件に当てはまったRX−8はかなりの高値での買取が期待できます!

 MT車の方が相場は高い

 

やはり、RX−8はスポーツカーなので、AT車よりMT車の方が相場は高いです。
AT車は低走行車じゃないとなかなか厳しい買取になってしまいます・・・・・

 

 

 

では、RX−8 SE3Pの買取予想価格を見てみましょう。

 

RX−8 SE3Pの買取予想価格

※車の状態・時期・買取店によっては予想価格と大きく異なる可能性もあります。

 

前期型 2003年〜2007年

 

前期型 グレード 予想買取相場
ベースグレード  5万〜100万
タイプS 5万〜130万
タイプE 5万〜80万
タイプEサンドベージュパッケージ 5万〜70万
トゥルーレッドスタイル 5万〜70万
タイプEスポーツプレステージリミテッドT 5万〜80万
タイプEスポーツプレステージリミテッドU  5万〜80万
タイプSスポーツプレステージリミテッドU 5万〜80万
タイプSスポーツプレステージリミテッドU 5万〜80万
マツダスピードバージョン  60万〜90万
ロータリーエンジン40周年記念車 データ少数で不明だが高価買取の可能性大

 

後期型 2008年〜2013年
 

後期型 グレード 予想買取相場
タイプG 50万〜140万
タイプS  40万〜160万
タイプE 40万〜160万
タイプRS  90万〜220万
スピリットR 110万〜260万

 

 

正しい査定価格を知るなら一括査定で!

 

車は一台一台状態が違います。

 

なので、正確な買取価格を知るなら一括査定を利用する他に方法はないです!

 

車の価値を知りたくて高く売りたいなら今すぐ申込してみましょうー!

 

 

 

 

RX−8 SE3Pの買取相場の傾向

 

走行距離7万km以上は厳しい

 

ロータリーエンジンの寿命は8万kmと言われている事が原因だと思いますが、RXー8は走行距離7万km以上になるとかなり値崩れが激しいです。同じ年式で同じグレードでも走行距離が3万kmまでの個体と7万km以上の個体では50万以上差がある事も。
全体的に相場が下落している前期型では7万km以上走行している車両を売るとなるとかなり厳しい査定価格になると思います。

 

中古車店頭価格を見ていても前期型で走行距離の多いRX−8は車両価格30万以下が大半を占めています。

 

後期型になると、7万kmを超えていてもまあまあの価格で買取が期待できます。ですが、やはり走行距離3万kmぐらいまでの個体と比べると倍以上の開きがる事も多いです。

 

前期型より圧倒的に後期型が高い

 

買取価格は前期より後期の方が圧倒的に高いです。前期型は全体的に相場が安く、低走行車か限定車以外は厳しい査定になると思います。

 

ですが、後期型は最安値グレードのタイプGでも底堅くなかなかの値段で買取が期待できます。
特に、後期型の最高グレードタイプRSは全体的に高い相場を維持していて高値での買取が期待できます。
また、スピリットRは200台限定という事もあってかなりの高額査定が期待できます。

 

限定車は高価買取の可能性大!

 

前期型の300台限定のマツダスピードバージョンは前期型のほかのグレードに比べてかなり相場が堅調です。
走行距離が10万km近い車両でも高い値段で取引されています。

 

RX−8の中でも特に高値で取引されているのが販売終了直前に生産されていた200台限定のスピリットRです。
スピリットRの低走行車の相場は他のどのグレードよりも圧倒的に高く、走行距離1万kmぐらいの車両でも新車価格より高い値段で販売されています。
スピリットRはプレミア価格になりつつあるので、この先どんどん低走行のスピリットRは価格が高騰していくことが予想されます。
RX−7 FD3S型のスピリットRが現在価格が高騰しまっくっていて新車価格+100万以上で取引される事も珍しくない状態になっている事を考えるとRX−8のスピリットRがそんな状況になる事も十分にありえます。

 

AT車よりMT車の方が高い

 

この価格帯のスポーツカー全般に言えることですが、AT車よりMT車の方が相場は高いです。
というか、RX−8のAT車は人気が無いのでぶっちゃけ安いです。

 

買取の際もMT車の方が断然有利です。

 

社外エアロコンプリートが高値で取引されている

 

大衆向けのコンパクトカーなどでは、社外品ゼロの方が査定がいい場合が多いですが、RX−8はスポーツカーという特性上、派手な社外フルエアロコンプリート車両や、ローダウン車両。車高調装着車、高級アルミホイール装着車などが高値で取引されているようです。

 

ただ、社外品装着している車両は社外品の価値をちゃんと査定してくれる買取店に売らないとキチンと価値をプラスしてくれないので注意です。

 RX−8を限界高額買取価格で売るには?

 

前期型で買取が厳しい事が予想されるRX−8も後期型や限定車で高額買取が期待されるRX−8でも
売り方を間違えれば損をします!

 

自分のRX−8の限界高額買取価格で売るには一括査定を使うのがめっちゃ大事です。

 

RX−8は特に!いま、中古車人気が高く高額査定になる可能性がめちゃくちゃ高い車種なので、下取りとかの下手な方法で売るのは超もったいないです!

 

社外品装着してるRX−8は特に売り先選びを気をつけないと、まったく価値をプラスしてくれない事だってあります。

 

RX−8を高値で売るには買取店を比較する必要があります。
最安値と最高値の買取価格に大きな差が出るのも、人気スポーツカーの特徴です。

 

今RX−8を売ろうと思ってるならチャンスです。

 

2016年人気ランキング1位だった今の人気は高額買取には絶好の条件です。

 

そのチャンスを100%活かすには一括査定で売る他無いんです。
たとえ、前期型の過走行のRX−8でも0円で廃車にしてしまってはもったいないです!

 

あとは、もう何もいいません。

 

元買取店員のボクの経験上、今RX−8がどれだけ高く売れる可能性を秘めているのかはお伝えしました。

 

あとは、アナタが決めてください。

 

一括査定でRX−8のポテンシャルを100%出し切って高額売却するのか

 

他の方法でみすみすチャンスを逃すのか?

 

2つに1つです。

 

 

元買取店員がホンキでオススメする一括査定

 

一括査定を使えば誰でも簡単!無料!で高く売れる買取店を見つける事が出来ます。

 

買取店の査定価格を比較して高く売ろう!

 

 

 申し込みの簡単さとスグにおおよその売却額が知れるのが強み!

 かんたん車査定ガイト

 

かんたん車査定ガイトは申し込みがやりやすくて簡単なのと、申し込み後すぐにだいたい何円で売れるのかを教えてくれるのが特徴です。
普通は実際に車を見てもらう本査定が終わるまでどのくらいで売れるのかがわからないので、早くどのくらいで売れるのか知りたい人にぴったりですね。
加盟店はちょっと少ないですけど、大手でしかもJADRIっていう買取店の中でも選りすぐりしか加入できない団体に所属している買取店ばかりが登録されているのもポイントですね。
このサイト経由のお客もよく対応しましたが、競合が強い店が多いので苦戦しました。
運営は東証一部上場の大手企業のエイチームです。
申し込み停止連絡フォームが実装されてます


 


 

 

 平均的性能で安定感のある定番人気サイト

 ズバット車買取比較

 

ズバット車買取比較は運営歴が長く利用者数も100万人越えの実績があるしっかりとしたサイトです。
全国218社の加盟店数に最大10社の同時査定依頼ができるというまさに一括査定のど真ん中の平均的性能を持っています。
「ここ使っとけば間違いない!」って感じのサイトですね。
買取店の電話がウザくなったら、停止を申請できる機能があるのでめちゃ便利です!
実際、ズバット買取比較経由のお客が一番多かったです。




 

 数で勝負!買取店の登録数が脅威的なサイト

 カーセンサー

 

古くから中古車情報誌で有名なカーセンサーが運営する一括査定サイトです。
昔からあるカーセンサーネームバリューとコネクションを生かした他の追随を許さない圧倒的な加盟店数がポイントです。
その数なんと3000店以上!
全一括査定サイト中No.1です。
加盟店数が多いのでどの地域でもたくさんの買取店に査定依頼を出す事ができます。
同時に30社まで査定依頼できる点もいいですね。
ニッチな専門店と競合して強すぎてお手上げだったのはこのサイト経由が多かったです。

 

 


 

 RX−8の人気の理由

 

RX−8がカーセンサーの中古車問い合わせランキング2位で驚きました。
ロータリーエンジン・観音開き4ドア・クーペで結構ニッチな車だと思っていたので・・・・

 

RX−8はとってもいい車なので、評価されて個人的にはうれしいですね。
ほんとRX−8かっこいいですよね!

 

新車当時は、平均価格帯が350万ぐらいで結構高い車でしたけど中古車になって100〜200万ぐらいで買える車両が増えてきたのでわりと手を出しやすくなった事も人気が出てきた理由なんじゃないでしょうかね。

 

最近は各社スポーツタイプがじわじわ売れてるようで、トヨタのFT−86なんかもよく見かけますね。
RX−8はスタイリングもかっこよくて、観音開きドアで大人4人が普通に乗れる広さなのでクーペだけど86ほど後部座席が狭くて人が乗れないのはイヤ!という人に受けてそうです。

 

買う時に4人広々乗れるってのが決めてになりませんでした?

 

スポーツカーにしては重たい車重で、中もわりと広く微妙に使い勝手がいいけどあんまり速くもない・・・・・
っていう中途半端なとこがいいんですね。

 

この愛されるべき中途半端さこそがRX−8の魅力なんですね。
(発売当初はFD3Sの後継だったので、中途半端だと叩かれましたね・・・)

 

この中途半端さこそ今のRX−8の人気の理由なんじゃないかとヤマサキ個人は思っています。

 

最近はスマートフォンにしてもそうですけど、1つで色々出来る!というのが流行ですから。

 

走りだけのスポーツカーより、走りもいいしスポーティーだけど大人も4人乗れるRX−8が販売終了後の今になって評価され始めたのは時代の流れなのかもしれませんね。

 

この大人が4人乗れるロータリークーペという存在は今後も唯一無二の存在として、人気を維持すると思います。

 

手放さずに乗り続けてもいいとってもいい車だと思います!

 

なので、売るなら適当に売ったらもったいないですよ!

 

高く売るなら、一括査定で比較して高く買取してくれる買取店に売りましょう!

 

 

 


一括査定の評判 車売るテクニック 車売る知識 車買う知識 車お役立ち情報