車のマフラーの処分方法は?純正から社外へ交換した場合どうする?

元買取店員のヤマサキです。
 
社外マフラーに交換したけど、純正マフラーの処分をどうしよう・・・・・

 

と悩んでませんか?

 

マフラーって結構大きいのでどうやって処分していいのかってわからないですよね。

 

結論から言うと、マフラーの処分方法には4つの方法があります。

 

  • 自宅などに保管する
  • ネットオークションで売る
  • 業者にお願いして処分してもらう
  • 中古パーツ店で売る

 

この4つの方法で処分できます。

 

・自宅などに保管する

 

自宅や実家などにマフラーを保管で来るスペースがあれば保管しておくのもいいですね。
社外マフラーが車検に通らなかった時に使えます。

 

車検の基準が変わって、それまで車検対応のマフラーだったのが有る日突然車検に通らなくなってしまった時にも対応できます。

 

といってもそんな事は滅多にないでしょうけど・・・・・

 

場所が許せば一応置いておきたいという人は保管しておけばいいと思います。

 

・ネットオークションで売る

 

純正の中古パーツはヤフーオークションなどの、ネットオークションで売れます。
純正のパーツも、
純正戻ししたい人
パーツが壊れてしまったので修理したい人

 

今より状態の良いパーツに変えたいといった人
 
に需要があります。

 

ネットオークションに出品して売るのは、少し手間がかかりますが意外と高く売れる事も多いのでチャレンジしてみるといいでしょう。

 ・業者にお願いして処分してもらう

 

業者に依頼してマフラー交換をしたら、そのまま純正マフラーを引き取ってくれると思います。
廃棄手数料を請求される場合とされない場合があるので、確認してみましょう。
ただ、廃棄になるので全くお金にはならないです。

 

・中古パーツ店で売る

 

車の中古パーツを扱っている店に売るという手もあります。
有名どころだとアップガレージなんかがありますね。
純正部品でも売れると思います。
ただ、あの手の中古パーツショップでの買取はかなり安い金額になる場合がほとんどです。
出来れば、ネットオークションで売った方が高く売れます。

 

ただ、手間がメンドクサイ人は中古パーツ店で売るのもアリですね。

 

自分でマフラーを処分はできない?

 

もちろん、自分でマフラーの処分は出来ます。自分の住んでる自治体の廃品回収をしてくれる場所に相談してみましょう。有料で引取してくれると思います。

 

ただ、お金を払って処分するぐらいならネットオークションなどで売った方がいいと思います。
少しでもお金になればまた車をカスタムできますよ!

 

 

 

 


一括査定の評判 車売るテクニック 車売る知識 車買う知識 車お役立ち情報