車買い替える時の自賠責・任意保険に必要な手続き

車を買い替えようと思ってるけど、自賠責と任意保険ってどんな手続きが必要なの?

って悩んでませんか?

車を買い替えるとなると、色々と手続きをしないといけないのでよくわからない事も多いですよね。

ボクも初めて買い替える時は困った経験があります。

結論から言うと

車買い替えの時には

自賠責保険は手続きの必要なし

任意保険料は車両入替え手続きをする必要あり

です!

任意保険の車両入替え手続きは簡単に出来ますが、
納車までには手続きしとかないといけないので早めに準備しておきましょう。
 

 任意保険料車両入替え手続きの方法

いつから手続きすればいい?

任意保険の車両入替えは納車前に必ずやっておきましょう。
でないと、無保険の状態で新車に乗る事になるかもしれません!

では、いつから手続きすればいいのかと言うと、

次の車の車検証が出来てからです。

車両入替え手続きには車検証が必要になるので、車検証が出来てからでないと手続き自体ができません。

車検証が出来次第、写しを販売店からもらいましょう。

どうやって手続きすればいい?

保険会社に連絡して、車両入替え手続きを申請しましょう。
新しい車を購入したので車両入替えをしたいと言えばOKです。
保険会社の担当が適切に対応してくれます。

必要な書類は?

車両入替えに必要になる書類は

  • 車検証
  • 保険証券

です。

場合によって車の売買契約書が必要になる事もあります。

納車日を確認しておくことが必要

保険の車両入替えの実行の日を納車日にしないといけないので、あらかじめ販売店に納車日を確認しておきましょう。
保険会社に連絡した際に、納車日がわかっていればスムーズに手続きが進みます。

車両入替え後の保険料はどうなる?

車両入替えをすると、車の保険料率が変わるので保険料が変わります。

保険料が入替え前の車より安い場合は、未経過分の保険料の差額が還付されます。

逆に入替え後の車の方が保険料が高い場合は、未経過分の保険料の差額が請求されます。

軽自動車から軽自動車への乗り換えの場合は、保険料率は変わらないので差額が出ることは基本的にないですが、車両保険に入っている場合車の評価額が上がって車両保険代が高くなるので差額を請求されると思います。

新しい車を買ったら保険を見直すと大幅節約できるかも?

新しい車に買い替えるときには、保険をついでに見直すといいです。

見直すことで保険料を節約できて、大幅に安くできることもあります。

ボクも車入替えの際に、保険の乗り換えをしたら年間保険料12万が5万円安くなって7万円になりました。
正直そんなに安くならないと思ってたので、びっくりしました・・・・・

ちなみにボクは自動車保険一括見積りで見直しをしました。

 自賠責保険は手続き必要なし?

自賠責保険は所有者ではなく、車両にかかっているものなので買い替えで特に手続きをする必要は無いです。

次の車の自賠責保険も新車登録時の車検で加入することになるので販売店側がやってくれます。

自賠責保険の還付は無い?

売る車の自賠責保険は還付ではなく、未経過分が査定のプラス分として買取額にプラスされます。

ただし、残り3ヶ月以下だと査定価値は0なのでまったくプラスになりません。

車検証と納車日だけ確認しておこう

車を買い替える際は自賠責保険は何もする必要が無いので気にしなくていいですが、任意保険は車両入替え手続きが必要なので、納車までにかならずやっておきましょう。

なので、車両入替えに必要な車検証が出来たり納車日が決まった時には連絡をして貰えるようにあらかじめ言っておきましょう。
車検証の写しが手に入って納車日が決まったら

すぐに保険会社に連絡して手続きを進めれば安心して納車日を迎えられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です