車を売った時に自動車税は還付されます!戻ってきます!

車を売った時の自動車税は還付されるの?

と気になってませんか?

車の売買って税金だの何だのが色々と絡んでくるのでわかりにくいですよね。

もっとシンプルにならないものかと思いますよ。ホント。

結論から言います!

車を売った時には自動車税は還付されます!

未経過分が月割で還付されます。戻ってきますよ~。

ただし、気をつけないと還付されない場合もあるので注意が必要です!

自動車税が還付されない場合って?

本当は自動車税の還付があるのに、お店がお客に黙って受取ってそのままにされるという事があります。

つまり、あなたに還付されるはずの自動車税を持っていかれてしまうんです。

こんな事を買取店はやっちゃダメだとボクは思ってるんですけどね、事実としてこういう事はあります。

なぜ、自動車税を勝手に受取れるのか?

本来なら、自動車税は車の所有者に還付されます。
毎年5月の請求も所有者に行くので当然ですよね?

ですが、自動車税の受け取り人を変更する方法があるんです!

それが、自動車税還付委任状です。

自動車税還付委任状を作成して提出すると、自動車税の還付先を所有者以外に変えることが出来ます。

契約の際は還付委任状に注意!

車の売買契約の時に色々な書類に印鑑を押すことになります。

その中に、こっそり自動車税還付委任状がまぎれ込ませて流れで押印させてしまうんですね。

知らず知らずのうちに車の売主は自動車税の受け取りの権利を渡してしまうことになります。

こんな事をする買取店ばかりではないですが、こういう店もあります。ヒドい話ですよね。

自動車税を確実に還付してもらうには

自動車税を確実に還付してもらうには、査定の時点で

「査定価格に自動車税の還付は含まれてますか?」

と聞いておきましょう。

査定の時点で確認しておけば、

「このお客は自動車税はごまかせない・・・」

買取店も思うので、自動車税をうやむやにされることはマズ無くなります。

 ポイントは査定の時点で聞いて置くこと

契約の時じゃなくて、査定の時に聞いておくのが重要なポイントです。

なぜかと言うと、買取店によって査定額に自動車税を含める場合と含めない場合があるからです。

もし、査定してもらった二つの買取店の査定が同じ金額だったなら

当然自動車税の還付分が含まれてない買取店の方が自動車税の還付分多くお金がもらえるわけなので、得ですよね?

査定の時点で聞いておけば、こういうとこでも差がでます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です