車を売ったらリサイクル料は還付されます!戻ってきます!

車のリサイクル料って還付されるの・・・・・?

って気になってますね?

車の売買っていろんな事が絡むので分かりづらいですよね。

リサイクル料の扱いなんて特にわかりづらいと思います。

結論から言うと、

車のリサイクル料の還付はあります。

車を手放した時にリサイクル料の返金があるのが普通です。

リサイクル料が還付される理由

リサイクル料というのは、その名の通り車を廃車処分にする時に使われる費用の事です。

このリサイクル料は

車を廃車にする人

が負担する事になっています。

つまり、車を売った場合廃車にするとしたら、次のオーナーが廃車にする事になるのでリサイクル料の負担をするのは次のオーナーになります。

なので、あなたが車を買った時に支払ったリサイクル料を次のオーナーからもらえる権利があるんです。

これが、リサイクル料が還付される理由です。

買取店に売るとなると、車の所有者が買取店になるのでリサイクル料は買取店からもらうようになります。

どうやって還付される?

リサイクル料の還付方法は決まりが無いので、買取店ごとに違います。

ですが、ほとんどの買取店は査定額にリサイクル料が含まれていると思います。

その方が、お客も全部でいくらになるのかわかりやすいですし別途計算になるとややこしくなりますからね。

ですが、全ての買取店が査定額に含めているわけではないので査定の際に

「リサイクル料金はどうなってますか?」と聞いてみることをおすすめします。

うっかり査定に入れ忘れてるという事もあるかもしれないですからね。

査定の際には、自動車税の確認もしておくことをオススメします。

自動車税も還付があるのでどういう扱いになっているか聞いておかないと、買取店がこっそりポケットに入れてしまうこともるあかもしれません・・・・・

車を売った時に自動車税は還付されます!戻ってきます!

そもそも、リサイクル料って何?

余談ですが、リサイクル料って何者なのか良く分からないですよね?

ちょっと、解説してみます。

リサイクル料は、2005年に制定された自動車リサイクル法で定められた車のリサイクル費用の事です。

自動車リサイクル法で、車のオーナーが廃車時にリサイクルに必要な費用を負担すること自治体に登録された引取業者へ引き渡す事が義務になりました。

このリサイクル料は主に、シュレッダーダスト・エアバッグ類・フロン類といった普通に処分が出来ないちょっとめんどくさいゴミを処理する費用に充てられます。

金額は6,000円~18,000円ぐらいと車種によって違います。
購入時に支払ったリサイクル料金は、資金管理法人によって管理されていて廃車にするときに引取業者に資金管理法人からお金が支払われるようになってます。

また、リサイクル券は再発行が出来ない書類です。
失くした場合は、自動車リサイクルシステムのHPで「自動車リサイクル料金の預託状況」という書類を印刷すればリサイクル券の代わりとして使う事ができます。

還付されるので一度確認してみよう

リサイクル料は還付されます。

間違いなく還付されるものなので、買取店にどういった形で還付されるのか確認してみましょう。

特に確認しなくても、還付されると思いますし説明されるとは思いますが聞いておくと安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です