新車購入の値引きが苦手な人の為の交渉のコツ

元買取店員のヤマサキです。
 
新車買いたいけど値引き交渉が苦手で・・・・

 

と悩んでませんか?

 

 

新車購入は値引きせずに買ってしまうとかなり損をしてしまいます。

 

交渉は苦手だけど安く買いたいと思いますよね。

 

ハッキリ言って値引き交渉なんて車業界の悪い習慣ですよ。

 

つべこべ言わず、全国一律同じ値段で最初からMAX値引きで売ればいいんです。

 

そしたら、不公平じゃないし余計な時間も要らないからいいとおもうんですけどね・・・・

 

でも、実際問題ディーラー同士も競争が有るのでそうもいかないんですよね・・・・
なので、今のとこ値引き交渉は避けて通れないんです。

 

そこで!

 

値引き交渉が苦手でもラクに値引きを引きだせるテクニックご紹介します!

 

ここで紹介するテクニックは、

 

全力で最高の値引きを搾り出させる

 

というより

 

値引きが苦手な人でも楽にそれなりの値引きしてもらう

 

という事を目的にしてます。

 

新車購入の値引きが苦手な人の為の交渉のコツ

 

コツ@ 値引き目標額をはっきりさせておく

 

まずはリサーチです。

 

最初に、購入予定の車種がどのくらいの値引きで購入している人が多いのかを調べてみましょう。

 

価格.comの値引き情報を参考にしてみるといいですね。

 

ここに書かれてる値引き額の一番値引きが大きい金額を参考にするのではなく、平均ぐらいを参考にするといいですね。

 

平均ぐらいなら、十分値引きしてもらえます。

 

この金額を目標・希望値引き額としておきましょう。

 

コツA 相見積もりは別にしなくてもいい

 

値引きには相見積もりが大切!と良く目にしますが、確かに間違いなく相見積もりをした方が値引きは引出す居やすいです。

 

ですが、相見積もりを取ってもそれを材料に交渉しなければいけません。

 

交渉が苦手なら相見積もりを使って上手く交渉できないと思いますし、
ぶっちゃけ相見積もりをとるのも、交渉の材料にするのもメンドクサイです。

 

なので、値引きの最高額を目指さないなら相見積もりは不要です。

 

メンドクサイし、時間がかかるので取らなくてOKです。

 

コツB 即決する意思を示す

 

値引きが目標額に届いたら即決するつもりでディーラーへ行きましょう。

 

実印を持って
「○○万円値引きしてくれたら、即決するつもりで今日はきました。値引きしてくれますか?」
といいましょう。

 

こちらから交渉で言う言葉はコレ↑だけでOKです。

 

この時の○○万円は値引き目標額よりも10万か5万ほど高い金額を言っておくといいですね。

 

もしかしたら、その金額のまま値引きが成功するかもしれませんし無理と言われても元々の値引き金額になれば御の字です。

 

コツC 営業担当は年齢が自分と同じか年下を狙う

 

ディーラーに言って声を掛けるのは、ベテランでいかにも敏腕な人よりも若くて新入り感の有る若手営業マンか、自分と同年代ぐらいの人にした方がいいです。

 

自分より年上だったり、やり手の営業マンだと値引きが上手く出来ない事もありますし話がし難いですよね。

 

これは結構大事な事なので、最初に声かけする人はしっかり選らんだ方がいいですね。

 

コツD 下取りは出さない

 

今乗ってる車は下取りに出さないい方がいいです。

 

下取りにだすと、値引き額を下取り額の増減でごまかされる可能性があります。
それに、ディーラーの下取りより買取店に売った方が確実に高く売れるので得です。

 

車を高く売れる方法はコチラで紹介してますから参考にして下さい

 

 

強気に出る必要は無い

 

値引き交渉となると、強気でいかなくちゃいけない気がしますが、そんな事は無いです。

 

そもそも、値引き交渉が苦手なあなたは強気に出られない人じゃないですか?

 

優しい人は値引きが苦手と心理学の本で見たことがあります。

 

あまり下手に出る必要もないですが、あくまでフェアな態度で営業マンと接せばOKです。

 

最高の値引きを搾り出してやろうとしてるわけじゃないんで、問題なく値引きしてもらえると思います。

 

 

必要なのは少しの勇気だけ

 

必要なのは

 

「○○万円値引きしてくれたら、即決するつもりで今日はきました。値引きしてくれますか?」

 

と言う少しの勇気だけです。

 

値引きでをしない為にも、実践してみてくださいね。

 

 


一括査定の評判 車売るテクニック 車売る知識 車買う知識 車お役立ち情報