車を買うのに必要な書類をシンプルに解説します

元買取店員のヤマサキです。

 

車を買うのにどんな書類が必要か知りたい!

 

と思ってませんか?

 

事前に調べておいて準備しておくと手続きをスムーズに進みますね。

 

このページに来てくれたあなたはかなり段取り上手なんじゃないですか?

 

シンプルに行きます!

 

車を買うのに必要な書類は・・・・・

 

 

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 車庫証明書
  • 委任状

 

の4つです。

 

このうち事前に準備しておかないといけないのが

 

  • 実印
  • 印鑑証明

 

の二つのみです。

 

  • 車庫証明書
  • 委任状

 

の2つは販売店側が準備してくれるので事前に準備しておく必要は無いです。

 

なので、あなたが車を買う前に準備しておくべきは、

 

・印鑑登録証明書

 

だけですね。実印は手元にあるでしょうから。

 

印鑑登録証明書を準備する方法

 

印鑑登録証明書は基本的に市区町村役場で取得することになります。
平日に取りに行きましょう。

 

最近では個人番号カードがあれば、コンビニでも印鑑登録証明書が取得できます。
(※但し、事前に印鑑が登録済みの場合に限る)

 

車を下取りに出す場合は・・・・・・

 

今乗っている車を下取りに出す場合は、車を売却する為の書類も必要です。

 

車を売却する為に必要な書類は

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書
  • 実印
  • 譲渡証明書

 

です。

 

この中で事前に準備しておく書類は

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書
  • 実印

 

です。

 

ただし、

 

  • 実印
  • 印鑑登録証明書

 

は車を買うのにも必要ですから、二重に準備する必要は無いです。
どちらも1つあればOkです。

 

車に積んである書類である

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券

 

は事前にあるかどうか確認しておきましょう。

 

※特例※現住所と車検証の住所が違う

 

現住所と車検証の住所のつながりを確認するために、

 

・住民票
(市区町村役場で取得できます)

 

が必要になります。該当するなら準備しておいてくださいね。

 

 

・譲渡証明書

 

はお店側が準備してこちらは押印するだけなので特に準備しなくてOKです。

 

車を買うだけの場合は?

 

車を買うだけの場合準備が必要なのは、

 

  • 実印
  • 印鑑登録証明書

 

の2つだけです。

 

車を買って下取りもしてもらう場合は?

 

車を買って下取りもして貰うなら

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書
  • 実印

 

の6つが必要になります。

 

事前に準備しておきましょう。

 

 

お店側がちゃんと説明してくれるから心配はない

 

あまり心配しなくても、お店側がちゃんと準備してくれるので問題ないです。
むしろ、事前にちゃんと準備してお店に行く人の方がずっと少ないですよ。

 

なにはともあれ、お店に行ってみると良いでしょう。

 

購入するとなったら、1から10まで丁寧に担当者が説明してくれます。

 

車の購入は難しくないですよ!


一括査定の評判 車売るテクニック 車売る知識 車買う知識 車お役立ち情報