水没車の定義は?水没してしまった車を廃車にせずに売る方法

元買取店員のヤマサキです。

 

水に浸かってしまった車の売り方で悩んでませんか?

 

水没車の売却ははっきり言ってかなり厳しいですね。

 

水没の程度にもよりますが、エンジンに水が入ってしまったりして不動車になってしまうと車一台分ぐらい莫大な修理費用がかかってしまうので買取店に売ったり下取りしてもらっても1円にもならないでしょう。

 

事実、そういった水没車を査定して買取拒否した事が何度もあります。

 

ですが、廃車にしてしまうのはもったいないです。

 

買取店や下取りで1円にもならないような車でも売る方法が実はあるんです。

 

水没車でも売ってお金にできる方法

 

廃車にするしかない!

 

というような状態でも買取をしてくれる業者がいます。

 

それが、

 

カーネクストです。

 

カーネクストは買取店とは違って解体業者なんですが、廃車しかないような車を買取してバラバラに解体して使えるパーツは中古パーツとして、使えない部分は資源として分別している業者です。

 

車としては価値が無くても、解体したパーツに価値があったり素材そのものにも価値があるので廃車になるような車でも買取してくれるんですね。

 

買取店やディーラーとはまったく違った視点で車の価値を見出しているので値段がつきます。

 

フロアまで浸水した車は水没車になる

 

水没車の定義ですが、一般的にフロアまで水に浸かった車が水没車として扱われています。

 

フロアとは、車の床の事ですね。

 

ここまで浸水すると、床に設置されているECUが浸水して壊れたり床の内張りにカビが生えたり色んな弊害が起きます。

 

最悪、車が動かなくなってしまうことも考えられますね。

 

水没車になる原因の多くは洪水

 

ボクが知る限り、水没車になってしまった原因の多くは洪水でした。

 

道が冠水するほどの大雨の中車を走らせていたら浸水して突然動かなくなった人もいたそうです。

 

住宅が床下浸水した時に車も一緒に水没してしまったという事もあるそうです。

 

ゲリラ豪雨などで局所的にとんでもない量の雨がまとめて降る事も珍しくなくなりました。

 

水没車は廃車にせず売ってお金にしよう

 

水没車は廃車にしてはダメです。絶対に!

 

どんな車も、カーネクストで売ればお金になるんですから売った方が得ですよ。

 

お金を払って廃車にしてもらうか
 
お金をもらって引取してもらうのか

 

あなたならどっちがいいですか?
 
カーネクストに無料査定してもらう


一括査定の評判 車売るテクニック 車売る知識 車買う知識 車お役立ち情報