車を売って手放す際のガソリン残量はどのくらいにする?

車を売って手放す際のガソリン残量はどのくらいにする?

元買取店員のヤマサキです。

 

車を手放す時ガソリンはどんくらい残しといたらいいんだろ?

 

になってませんか?
 
めっちゃ親切ですね。
 
そこまで考えてくれるお客はなかなかいないですよ。

 

はっきり言ってガソリン残量は

 

なんでもいい

 

というのが正直なところです。

 

買取店はガソリンの残量なんか一切気にしてません。

 

「あの客ガソリンギリギリでもってきやがった!」

 

なんて思わないですから大丈夫ですよ(笑)

 

自分が手放すまでに残った分でそのまま引き取ってもらいましょう。

 

中にはほぼ満タンの状態で引き渡しされるお客もいましたが、はっきり言って

 

金のムダ

 

です。

 

なんども言いますが、買取店はガソリン残量なんてどうでもいいんです。

 

まぁ、そりゃ満タンだったらラッキーですけど。

 

あなたにメリットはまったく無いです。

 

残念ながら。

 

買取店も気にして無いからガソリンがたくさん入ってても「ありがとう」の一言すらないと思いますよ。
たぶん気がつかないです。(笑)

 

なので、ガソリン残量はどのくらいにしといたらいい?

 

という質問の答えは
 
なんでもいい

 

という事になりますね。

 

どのくらいが多かった?

 

ボクの経験ではガソリン残量がメーターの1/4以下になっているものが多かったですね。

 

引き渡しの時にガソリン警告灯が付くような上手く調整する人もあんまりいなかったです。

 

考えるのも計算するのもめんどくさいですし、引き渡し前にガス欠になって乗れなくなるのも困りますからね。

 

 

まあ、ガス欠で動かなくなっても買取店は積載車持ってるんで引取はできるので問題はないですからその辺は心配しなくていいと思います。

 

積載車には車を引っ張る装置が付いてるのでガス欠の車でも積み込み出来ます。

 

車を高く売るには一括査定が便利です。

 

 

 


一括査定の評判 車売るテクニック 車売る知識 車買う知識 車お役立ち情報