公的に使える車の査定書を取得する方法

公的に使える車の査定書を取得する方法

元買取店員のヤマサキです。
 
 公的な書類として使える査定書で困ってませんか?

 

時々あったのが、

 

おたくの査定結果は公的に使えるの?

 

という質問でした。

 

結論から言うと、ボクが勤めていたような
 一般の買取店の査定結果は公的な文書としては使えません。

 

公的な車の査定額が書かれた査定書が欲しい場合は、

 

日本自動車査定協会で査定を受ける事で手に入ります。

 

公的な査定書を取得する

 

公的な査定書を取得するには日本自動車査定協会で査定をして貰う必要があります。

 

あまり聞き馴染みが無いと思いますが、全国に支所が存在するのでどこに住んでいても査定を受ける事が出来ます。

 

日本自動車査定協会の公式サイトで確認できるので、最寄の協会を探してみましょう。

 

査定を受けるには予約が必要

 

日本自動車査定協会の査定を受けるには、事前予約が必要です。

 

あらかじめ、最寄の支所に電話して査定予約をしておきましょう。

 

費用はかかる?

 

日本自動車査定協会で査定書を作ってもらうには、

 

1万円前後の費用がかかります。

 

詳しくは予約の際に聞いてみましょう。

 

 なぜ公的に有効な書類が作れる?

 

日本自動車協会国土交通省と経済産業省の管轄の協会だからです。

 

国が認定している機関なので、公的書類が作れるんです。

 査定協会で出来る事

 

日本自動車査定協会では、公的に使える査定書の発行以外に

 

  • 事故減価証明書の発行
  • ローン解約車の評価
  • 社用車の資産評価
  • 裁判での車の鑑定
  • オークション出品前の事前検査
  • 車両状態確認証明書
  • 輸出中古車の検査

 

といった事を御願いできます。

 

一般ユーザーがあまりお世話になる事はないですが、
中古車で困った事があれば相談してみると良いでしょう。

 

日本自動車査定協会はコチラ

 

 


一括査定の評判 車売るテクニック 車売る知識 車買う知識 車お役立ち情報