元買取店員が教える普通乗用車を売る為に必要な書類一覧

元買取店員が教える普通乗用車を売る為に必要な書類一覧

元買取店員のヤマサキです。

 

普通乗用車を売るのにどんな書類がいるんだろ・・・・・・

 

と気になってませんか?

 

 

車を売却するにはいろんな書類が必要になります。

 

事前にできるだけ準備しておいたほうが、何度も買取店側とやりとりする必要がないので買取店としても楽ですし売る側からしてもスムーズに売れるのでWin−Winですね。

 

最低限必要になる書類を一覧にしましたので準備しておきましょう。

 

普通乗用車を売る為に必要な書類の一覧

 

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 自賠責保険証
  • 自動車リサイクル券

 

・自動車検査証(車検証)

 

車検証は常に車の中に入れておくこと義務づけれれているので、ほとんどの場合車のダッシュボード内に車検証入れに入った状態で保管されてますよね。

 

あんまり車検証が無くなった!というお客に出会ったことは無いので、ほとんどいないと思いますけどもし見当たらない場合は買取店に相談してみるといいでしょう。

 

自分で管轄の運輸支局に申請すれば再発行も出来ます。

 

・自動車税納税証明書

 

経験上もっとも無くしてしまいやすい書類No.1です(笑)

 

毎年毎年5月になったら支払うものなので、ついつい払った後そこらへんにポイッとしてどこに言ったやら分からなくなるという人が後を立ちません(汗)

 

正確に言えば、自動車税納税証明書は無くても売れます。

 

簡単に再発行できるので買取店側で再発行しといてくれるとこも多いです。
ボクも失くしてしまったお客の証明書を再発行したことが多々あります(笑)

 

失くしてた場合でも気にせず売ればいいと思います。

 

正直に、失くしてしまったんですといえば快く対応してくれるでしょう。

 ・実印

「委任状」と「譲渡証明書」と「契約書」に捺印するのに使います。
役所に届けている実印を準備しといてくださいね。

 

・印鑑証明書

実印が登録されている事を証明する為に印鑑証明書が必要ですね。

 

発行3ヶ月以内のものが有効なんですけどそんな前から取得している人ってあんまりいないです。

 

ボクは少なくとも発行1ヶ月以内のものしか見たことないです(笑)

 

これは市町村役場や個人番号カードがあればコンビニでも発行できます。

 

・自賠責保険証

 

これも普段あんまり気にしないかもしれませんけど、車検証に一緒に入ってると思います。

 

一応車検証入れの中を確認してあるかどうか見ておいた方がいいですね。

 

車検を通した時にお店が車検証入れに一緒にしてくれてる場合がほとんどなのでわざわざ車の外に持ち出して失くしてるって事は無いとは思いますけど・・・・・

 

もしなかったら自賠責に加入してる保険会社に連絡して再発行してもらいましょう。

 

・自動車リサイクル券

これも普段気にする事がないですし、「ナニそれ?」ってお客も結構いましたが、大体車検証に一緒になってます。

 

これは別になくても「自動車リサイクルシステム」のホームページで代わりになる書類が印刷できるので問題ないです。

 

査定前に一回確認しておこう!

 

査定を受ける前に全部そろってるか?失くしている書類は無いか?と1度確認しておきましょう。

 

失くしてしまっているなら失くしていると伝えればほとんど買取店側も対応するでしょうから遠慮なく言ってやってください。

 

印鑑証明書以外はだいたい買取店側で対応できるものばかりなので、自分でやるより任せた方が楽ですよ?

 

買取店にカンタンに査定してもらう方法はコチラです。

 


一括査定の評判 車売るテクニック 車売る知識 車買う知識 車お役立ち情報